広さや設備の問題ではない

「一度やってみたかったから」という軽い気持ちから、先日、私一人で子供二人を連れて、軽井沢の某王国へ旅行へ行ってきた。
いやさあ、ほら、これが成功したら、旦那がいない時とかに一人で子供連れて旅行行けるってことじゃん……?
 
結論から言うと、まま可能ではあった。
ただし後述するが、子供連れ旅行を楽にするものは「子連れのために考えられたプラン」よりかは、別のところにあるようだ。
いや、まあ、あったら嬉しい諸々は揃ってたんだが。
 
以下は、王国内の写真。
平日だったので比較的空いてはいたが、それでもそれなりに他の子もいて、気の合う子もいればそうでない子もいるし、親同士でも「えっ、こいつなんなん」等と、おそらくお互いにイラッとくるような相手も存在して、多少疲れた。
幼稚園に行き始めてからが思いやられる。
おもちゃがたくさんあったのは、良かったと思う。
昼飯のコスパは悪かった。
 

 
 
泊まったホテルにもキッズルーム等完備されており、子らはほぼ一日中遊べて大満足だった模様。
しかし、夕飯の時間には下の子がギャーギャー言うわ、1:2の風呂は戦場だわで、なんていうか大変ではあった。
夜、部屋でグダグダできた点はとても良かった。
 
 
で、今回のメインである某王国とホテルに滞在してみての感想であるが、
 
やっぱ秘湯×ダム旅が最強だわ。
 
というのも、しっかり下準備をしていく事を前提とすれば、「如何に設備が整っているか」よりも「如何に他の子連れ客が少ないか」というほうが、楽さという点ではより重要であるらしい。
あと、小さい宿とかでご主人や女将さんが子供に優しいところとかのほうが、宿の会計だの何だのでちょっと子供から目を離してしまった時とかにすかさず見ててくれたりしてホント助かったりするし。
 
そんなわけで、一人で子供を二人連れての旅行は可能だし、今後もやりたいと思ったけど、宿は閑静なところを、行先にはダム等、子連れが少なそうなところとか、そもそも人自体少なそうなB級スポットを選ぼうと思いました。
まる。
 
 
二日目は、まず、行き慣れたウサギ様触れ合いスポットである「浅間牧場」へ向かった。
 
ああ、これこれ!
この人の少なさ!!

 
ここを訪れると大抵そうする通り、餌を購入してウサギ様と触れ合わせていただいた後、ソフトクリームを食べ、適当に土産物を見た。
息子がウサギさんに餌をあげていたら、先客の若いお兄さん二人組が、自分達があげていた残りと思しき動物の餌を譲ってくださった。
おかげで、息子はヤギにめっちゃ餌あげまくって楽しそうだった。
ていうか、自分の身長より高いヤギさんにも物怖じすることなく餌あげまくるって、結構キモが据わってんな。
 
 
その頃、娘のほうは車でめっちゃ寝てた。
 
 
牧場を後にしてからは、もう一つのメイン目的であった「志賀高原道路」の雪の回廊を観に行った。
草津へはそれなりに行っている気がするが、雪の回廊を見るのは初めてだったりする。
ちなみに、また翌々日辺りに諸事情から道路閉鎖になったらしい。
今どうなっているのかは、調べていないので知らない。
 
まあ、なんか駐停車禁止区間に車停めて写真撮影してるアホとかいたし、仕方ないのだろう。
公道ならどこでも停車していい等と思ってる頭の緩い方々は、故郷へお帰りください。
ブラインドカーブ直前で停車してたクソBOXのせいで、一度、危うく事故りかけたよ。
 
途中のコンビニで買った軽い昼食を、渋峠で食って帰途に就いた。
 
 
 
以下は、ドライブレコード。