寺は好きだが法話は嫌い

風邪で法事その1を回避できたぜヒャッフー!
と思っていたら、二度目のチャンス到来……!
と思いきやニアミス。
そして風邪で、ここ一週間ほぼ寝込んでいた。
だが、微熱程度だったので法事その2には出席。
高熱を出すのが1日遅ければサボれていた。
姑が孫の母親面で、余計な事言いまくって煩かった。
母親、隣にいるんですけどね。
産みの親は置物か何かだと思っているのでしょうか。
具合も悪いのに、無神経発言の数々でWパンチを食らった。
姑とは縁を切りたい。切実に。

私も大概無神経だが、姑は無自覚アグレッシブ無神経(距離無し)である。
自ら絡みに行って、無神経発言を繰り返してくる。
無自覚なので、怒ったところで自省もしてくれない。
断り・否定・沈黙は何故か「遠慮」ととられ、余計なお節介をやかれまくる。
具体的に「これが嫌」って伝えても、都合の悪い事はすぐ忘れる。

対して、コミュ障アスペ型無神経の私は、空気は読めるが空気をぶち壊す才能に溢れていると思う。
同調圧力の気配を少しでも感じたら、空気をぶち壊して己が悪者になる事で離脱を図る。
「私の言動が理解できないなら、ほっといてくれ」と思う。
孤独に陥るより、同調を強要されるほうが精神的に苦痛すぎて無理。

そんなわけで、姑の無神経発言に対して、私があえて空気をぶち壊して苦言を呈せば「そういう言い方はないんじゃない!?」とマジギレの深追い、「あ、いや、ぶっちゃけめんどくさいし絡んで欲しくないからわざと空気ぶち壊してるんだけど」と言えば「わかるわかる~、でもそんなの気にしなくていいよ!」(←!?)と謎の距離詰めをしてくる輩とは、性格がとても合わないと思う。
「嫁ちゃんは空気読めないから、私が代わりに孫ちゃんを紹介してあげなくちゃ!」とでも思われているのだろうか。
マジ迷惑。
 
 
この1週間は、風邪をひきながらも、娘の10か月検診だの何のかんの用事があった。
その10か月検診で「片足脱臼の可能性」を指摘されたので、その件で病院へも行ってきた。
医者「大丈夫だと思うよ。心配ならレントゲンとるけど?」
私「いや、普通に歩ってるんでイイっす」
で終了。
何のために体調不良を押して行ったんだ。
何かあった時の責任の所在の押し付け合いなのでしょうか。
だったら、集団検診なんかやめて個別受診にすりゃいいのに。

そんなこんなで、HPもMPもごっそり削られた1週間でした。
明日から、また削られまくる案件が待っております。
明るい話題が欲しい。
週末まで耐える。