新生児とイヤイヤ期と

半ば育児記録的な何か。

表題の通りチビが2人になったら、思っていた以上に時間が足りない。
旦那にも、かなり家事をやってもらってると思うんだが。
とは言え、とりあえず1日1時間くらいは創作にあてられる時間が確保できてきた。
明日には、FloweringSecretlyの40P下描きくらいは終わらせられるんじゃないかと思う。
徐々に勢力範囲を拡大していきたい。

まだ生後1週間も経っていないが、新生児の娘は息子の時と同様、よく寝る子で楽だ。
ミルクの温度の好みが細かかったり、一度にたくさん飲んでくれなかったり、授乳にわりと時間がかかるというのはあるものの、一度飲んだら2~3時間は寝てくれるのでとてもありがたい。
私も夜間、それなりに爆睡している。

アチアチミルクが好きというのが意外だった。
「えっ、こんな熱くていいの?」という温度でないとゴクゴク飲んでくれない。
ちょっとでも冷めていると「うげぇ~」という顔をされる。
父親似か。

上の子はイヤイヤ期がいよいよ本格的になってきたが、「ちがう!!だめ!!」を連呼してじたばたしてるだけなので「うるせぇ(笑)」の一言で放置している。
実際うるさいが、うるさいだけなのでわりと楽だ。
魔のイヤイヤ期というほどではない気がする。
大人しくなる頃には大抵私の手が空いているので、一緒にぬいぐるみ遊びやスマホの知育ゲームをしたりしている。
しかし、また思うようにいかないと「ちがう!!だめ!!」を連呼される。
負のスパイラル。うるせぇ(笑)

イヤイヤ期なので赤ちゃん返りを懸念していたが、むしろその点に関しては、妹を可愛がり過ぎるほど可愛がってくれるので、見ていてほっこりする。
ただ、可愛がりすぎて寝ているところを起こしてくれたり、勢い余って突っ込んで骨の一本二本折ってくれそうで怖い。
あと、隙あらば妹のおもちゃ奪うなよ。
せっかく消毒したのに。