RimWorldにどハマりして数日が経ちますが他の事が全く手につきません

タイトル通りです。吉報ではありません。
相変わらず腹は張りまくってます。痛い。

ここで、個人的メモも兼ねてここまでのRimWorldプレイについて書いておきたいと思う。
書いたらまたやってくる。

1.購入方法
 私は何も考えずにSteam版を購入してしまったのだが、今更ながら、実はSteamはゲームの自動更新をOffにできないらしい。なので、これから購入しようという方は、公式サイトからDL購入したほうが、後々のことを考えると良いと思われる。
Rim World 公式サイト
2.MOD導入
 最初の1時間プレイしてみたが、キャラメイクにて初代Wizardry張りのランダムボタン押下地獄を繰り返すことになった。あまりにめんどくさかったので、早々にMOD導入を決めた。導入したMODは下記の通り。特に「Children And Pregnancy」については、後から導入したらセーブデータに不具合が生じたので、先に入れておいたほうが良いようだ。
※こちらのMODリストは、バージョンA18をプレイ時のものです。

HugsLib
 前提MOD。読み込み順(リスト上の表示)をcoreのすぐ下に設定しておかないと不具合が生じる。

EdB Prepare Carefully
 最初の入植者を自由に編集できるようにするMOD。便利。

Children And Pregnancy
 妊娠出産MOD。家族で仲良く永住プレイがやりたい、キャラ厨のあなたへ。

ChangeDresser
 室内にドレッサーと鏡台を設置することにより、ゲーム内で見た目や年齢等を変更できる。気に行ったキャラを、実質不死身にすることができる。

Trading Spot
 友好的行商人の待機位置を指定できる。後からでも導入可能だったが、入れたらとても街づくりがしやすくなった。他人が勝手に人んちに上がり込んで、夫婦が寝室でいちゃこらしてる周りをぐるぐる回られたり、サイドテーブルで飯を食い始めるのを防ぐことができる。

3.プレイしてみた感じ
 さて、上記のMODを導入してやったことと言ったら、このスクショ2枚で察しがつくであろう。

カサンドラの姐御のお世話になる気はねえよ。
では、ゲームに戻ります。