サークル名義のゆうちょ口座を開設してきた

ピコ手の中のピコ手なので個人名義の口座で十分ではあるが、ふと思い立ってサークル名義のゆうちょ口座を開設してみた。
若干面倒な部分もあったので、備忘録も兼ねて記事にしておく。

まずは、下記のサイトを参考にさせていただき、規約等を作成した。
けれど局側の規約に改正が入ったらしく、一回では作成できなかった。

サークル名や個人商店名でゆうちょ銀行口座をつくる: 乙女の池袋
任意団体名義でゆうちょ銀行口座を作ってみた。 | hnsmblog

以下が、2018年2月26日に拙サークルが口座を開設した際に必要となったもの等である。
フォーマット等は、もし使いたい方がいらしたら、ご自由にDLしてお使いください。

<必要なもの>

1)規約
規約フォーマット(docx形式)

2)会員名簿
規約改正により「3名以上の会員」が必要だそうだ。
内容はそこまで厳しくチェックされないので、家族の名前でも借りておけば良いかと。
名簿フォーマット(docx形式)

3)代表者の身分証明書(免許証など)
4)届印(シャチハタ以外)

5)活動実績を示すもの
拙サークルでは、オフセ本1冊と無配本1冊を持って行った。
サークル名・奥付(発行日)等の入っているものが望ましいと思われる。
コピーを取られる際に折られたりもするので、そのつもりで見本用のものを持って行くと良い。

<手続き>

1)開設場所
最寄りの空いている局で手続きをおこなった。
何も言わないと「規約の書き方」などから説明を受けることになるので、まず最初に「団体名で口座を開設したいです。規約は持ってきました」などと言ってしまったほうが早いと思う。

2)所用時間
書類審査が一発で通ったとしても、開設までおよそ1時間はかかった。
書類不備などがあればもっとかかるので、そのつもりで。

3)キャッシュカード・ゆうちょダイレクト
キャッシュカードや、ゆうちょダイレクト(ネット上で振込確認などができる)を希望する場合は、最初に言っておくとスムーズ。
キャッシュカードは、2週間後に郵送されてくるそうだ。
ゆうちょダイレクトは、書類だけもらってきて、別途申請書を郵送する形になる。
(ゆうちょダイレクトの機能を使えるのはその後)

<その他>
あまり色々とツッコまれることなく、事務的に開設してくれた。
が、わりと恥ずかしかった。
窓口のお姉さんから笑顔で「ゆうちょをご利用くださってありがとうございます!」と言われた時には、心の中で「なんかごめん」と謝っておいた。
なんかごめん。