ソファ談義 (落書きあり)

紫色のちりめんを買ってきたので、クラミノバニアちゃんのソファが1つ完成した。
あとでもう一つ作るし、同様に仕事用の椅子も作る予定。

 
実際に二人を座らせてみると若干ギリギリだが、これはこれで良いと思う。

 
図に置き換えるとこう。

 
シルバニアもそうだが、つな天もゲーム内の縮尺とか滅茶苦茶なので、実際にどんなサイズなのかは想像するしかない。
けど、個人的には「ノマカプにおける男性側が寝るとはみ出るが、女性が寝るとすっぽり収まる」くらいのサイズ感が好きなので、勝手にそういうことにしている。
少し長めのラブシートといったところだろうか。

 
そして、どちらかがベッドで、もう片方がソファで寝ることになるシチュエーションも大好物である。
無論、ここで男性側には「自分がソファで」と言って欲しいが、これに対して素直に同意する女性はあまり私のタイプではない。
ここは「わたしが寝るとはみ出さないし、普通に寝れるので、わたしがソファを使います」等と合理的に反論し、男性側が不承不承それを受け入れる流れが良い。
というか、そういう流れになりそうなカプが好き。

 
でも、夜中にこっそり起きて抱き上げてベッドへ運んであげて、自分がソファで寝なおすのとか最高過ぎる。
しかし、ここでそっと運ぼうとして失敗して二人とも目が覚めてしまって、気まずい空気の中真夜中にホットミルクでも飲むというアレなシチュもとても良いと思いますですしおすし