酒と木馬と子供と旦那

昨日は実家へ泊まり、そこを経由地として、行きつけの酒蔵の節分限定縁起酒を買いに行ってきた。

の前に、道の駅思川で桜苺あんみつを食べ、こども広場で少し遊んできた。
遊具は一回百円~二百円なので、地元の遊園地と比べると若干割高感がある。
が、けっこう楽しめた。

その後、無事に酒をgetし、ラーメンを食ってから某ショッピングモールへ。
回転木馬に乗ったり、適当に雑貨屋を覗いたり、唯一最初からこれを買いに行くつもりでいたくまさんカステラを買ったりと楽しんだが、子供広場で遊ばせていた息子がすっ転んで唇を切り、血まみれになってしまった。
まあ、わりといつものことである。

帰りは、旦那が「今まで通った事のない道を通って帰る」とか言い始めたので任せておいたら、お目当ての道は冬季閉鎖中で引き返すことになり、代わりにと通った県道は、そこそこの険道だった。
薄暮時に走るには若干怖い道だった。
私も旦那も、たぶんもう二度と通らない。

途中のスーパーで恵方巻を買って帰り、帰宅してからお粗末な節分行事をやった。
厄年の私と、今年生まれの娘が鬼をやった。
旦那が全力で豆を投げつけてきてウザかった。

疲れたので寝る。